Leona is a performer, vocalist, and fiddler from Tokyo, Japan. Currently living in Johnson City, Tennessee. She is a performer as well as a fiddle and violin instructor. Leona’s musical journey began at the age of four when she began violin lessons in Tokyo. During her childhood music was always part of her household, Leona’s father who goes by the stage name of “Dr. K” has been a professional guitarist in Japanese since the 1970’s.

In 2004 Leona performed country music for the first time with Rattlesnake Annie who is a Nashville based international country music performer. Leona attended fiddle camps in Nashville and from those experiences she made the decision to come to the United States and seek out her dream of becoming an internationally known performer and fiddler. 

In 2006, Leona enrolled in college in the United States along with a degree in education Leona was the first international student to receive credentials in Bluegrass and Country Music. During college Leona was part of a touring student ensemble, which performed throughout the Southern Appalachian region. Leona also graduated in May of 2016 from HCTC's Kentucky School of Bluegrass and Traditional Music with a certificate in Digital Audio Recording. 

Leona has performed all across the United States and Japan as a featured artist. During 2009 and 2010 Leona was invited to perform as a part of the American Bluegrass Master’s Tour. The artists featured in this tour were Grand Ole Opry star Bobby Osborne, the Lonesome River Band, J.D. Crowe, and many others. During this time Leona was featured in rare bluegrass tours of both Alaska and Hawaii. In 2006 Leona performed as a guest at the South by Southwest Festival in Austin, Texas, where she represented her home country of Japan along with famed Japanese shamisen player, actor, and storyteller Takeharu Kunimoto. In 2014 was the headlining entertainer at the United States Marine Corps Futenma Flightline Festival in Okinawa, Japan and performed for enthusiastic service members, their families, and local Okinawan residents. 

Leona has released three featured solo albums. Her first debut album was entitled “A New Peace Within”  and her second all original album is entitled “Love & Peace, Leona”, and finally her latest album is entitled "On My Own". all of her albums were released both in the United States and Japan where they received national airplay on the radio and Leona released these albums with tours of her native Japan. 

When asked what she envisions for the future Leona said, “ I want to take my experiences of performing and living in the U.S. and share them with the people of Japan and Asia. Because I know from experience that all across Japan there are people who love country music, and I want to help increase the awareness of this unique American art form.  If the younger generation in Japan can see someone like me performing American country music, I believe it would help expand the interest in country and bluegrass music more beyond its current status.”

 

Leonaは東京・世田谷生まれ。“Dr.K”の愛称で知られる名セッション・ギタリスト、徳武弘文を父に持ち、幼い頃からジャンルを問わず多種多彩な音楽に囲まれた環境で育った。4歳でクラシック・バイオリンを始め、以来16年間、個人教授に師事。将来は音楽大学への進路も視野にレッスンに励んでいたが、その途上、中学生の頃に経験したとあるコンサートが彼女の心をとらえた。

米国の偉大なカントリー・ロック・バンド《エリアコード615》へのトリビュート・コンサート。父もギタリストとして参加したそのライブでの演奏を目の当たりにしたLeonaは、カントリー/ブルーグラス音楽に覚醒した。同じ楽器でも“バイオリン”とは似て非なる“フィドル”の魅力のとりこになった。その世界をより深く体験するため、高校1年の夏には単身渡米。指導者としても有名なフィドル奏者マーク・オコナーが主宰するアメリカ最大のレッスン・イベント“フィドル・キャンプ”にも参加した。

当時、すでに日本国内でバイオリン/フィドル奏者としての活動も行なっていたLeonaは、持ち前の柔軟な音楽性と若い世代ならではのポップな感覚で、フジテレビ『めざましテレビ』のオムニバス・アルバムに参加したり、水越けいこ、永井龍雲、藤田恵美(元ル・クプル)らベテラン・アーティストのバッキングを務めたり...。ソロ・アーティストとしてデビューの話もあったという。

が、2004年。アメリカの女性アーティスト、ラトルスネーク・アニーの来日公演にプレイヤーとして参加したことが彼女の進路を大きく変えた。ブルース、ジャズ、ゴスペル、カントリー、ブルーグラスなど様々な南部音楽が交錯する米テネシー州で育まれたラトルスネーク・アニーの音楽に刺激を受け、自分が表現したい音楽のためにはまだまだ勉強が足りない、アメリカで本格的に音楽修行したい...との思いがLeonaの中でより一層強くなった。

自ら留学費用を貯めて渡米。06年、東テネシー州立大学(ETSU)へ入学を果たした。専攻は教職課程。副専攻として米国内でも数少ないブルーグラス学科を選択し、学業をこなしながら、本場のブルーグラス・シーンで音楽修行に明け暮れた。三味線でブルーグラスを演奏するなどジャンルを超えたユニークな活動で知られる浪曲師・国本武春と共に総合文化フェスティバル“サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)”に出演したのもその頃のことだ。08年にはブルーグラス・マンドリンの重鎮ボビー・オズボーン、09年には人気ブルーグラス・バンド、ロンサム・リヴァー・バンドらとも共演した。

ブルーグラス界のレジェンド、ラルフ・スタンレーの80歳を祝う誕生パーティにブルーグラスを専攻する学生ミュージシャンの一人として招かれるという夢のような体験もした。このときはポーター・ワゴナー、アリソン・クラウスらスーパースターたちと同じステージに立ち、米メディアでも紹介された。

09年、大学を卒業。そのまま帰国せずテネシー州にとどまり、11年には留学前からの夢だった初ソロ・アルバム『A New Peace Within』を発表。14年にはセカンド・アルバム『Love and Peace, Leona』も完成させた。名バンジョー奏者であり、音楽プロデューサーであり、音楽教師でもある夫、J.P.マシスと結成したバンドでの里帰り日本ツアーも11年以降毎年恒例となり、母国でのメディアでの注目度や公演数も着々とアップ。「もっと多くの人にアメリカン・ルーツミュージックを知ってほしい」という彼女の願いは今、少しずつではあるが広まりつつある。

2015年3月には、ナッシュヴィルに本部を構えるカントリー/ブルーグラスの総本山カントリー・ミュージック・アソシエーション(CMA)が認定する“CMAアーティスト”にも正式登録された。こうした評価の後押しも受け、Leonaは地元テネシー州だけでなく、ワシントンDCで行なわれる桜祭り公演を始め、フランス公演など、よりグローバルな活動に乗り出した。

今年2016年春にはサード・アルバム「On My Own」の完成、及び夏の恒例日本ツアーを予定している。

音楽評論家 能地祐子